• HOME
  • >トピックス
  • >平成30年12月社員旅行、「岐阜県・下呂温泉へ・・・」
平成30年12月社員旅行、「岐阜県・下呂温泉へ・・・」
2019.02.15

43期親睦会幹事長の松岡です。

 親睦会幹事の皆様、昨年1年間は頼りのない幹事長の下、多岐にわたり共に活動いただきご苦労様でした。そしてありがとうございました。また、親睦会入会者の方々につきましては、新入社員歓迎会・慰安旅行と企画させていただいた行事の参加はもちろん、都度にご協力もいただきましてありがとうございました。13年振りの親睦会幹事長という大役を無事終えることができましたのも、ひとえに関係する皆様のおかげであったと思います。原稿を書くにあたりまずはお礼申し上げます。
昨年は、30期以来の13年振りの親睦会幹事長という立場で、1年間親睦会行事に携わることになりましたが、13年前は島さん、今回は豊田さんと、毎回幹事長以上の大変しっかりした副幹事長に恵まれ、楽しく任務を全うすることができました。幸せ者です。

 13年前は、30周年の記念旅行ということで青森・北海道への旅でした。関空より二班に分かれての飛行機による青森への移動から始まり、青函トンネルを通っての函館・札幌への移動及び観光、最後も二班に分かれての飛行機による大阪への帰阪と、なかなかの充実した内容でありました。
今期の慰安旅行も違った意味でなかなか充実した内容でした。当初より9月末の広島・宮島行き決定にて準備を進めていたのですが、台風上陸の影響を考慮して前日に急遽中止となってしまいました。時期的にも今期の慰安旅行は断念という考えもありましたが、社長を始めとする関係者各位の御厚意もあり、改めて12月変更によって決行することができました。ありがとうございました。場所は岐阜・下呂温泉に変更となってしまいましたが、当初予定の広島・宮島に負けず劣らずのすばらしい場所であったように私は感じました。皆様はいかがでしたでしょうか。ただ移動が長時間のバス移動となったため、身体的負担は大きかったように思います。この場をお借りしてお許し願いたく。また津山組に至っては、早朝6時10分集合という無理な時間設定となってしまったこと重ねてお許し願いたく。

 大滝鍾乳洞にて京都・津山組と大阪組が合流となり、名物料理『古代焼き』による全員揃っての美味しい昼食、食べ終わった方から順次ケ-ブルカ-移動による鍾乳洞探索。なかなか険しい道のりでしたが皆様ご苦労様でした。その後合掌村に移動して記念撮影と散策をして、旅館『水明館』到着となりました。エース設計産業株式会社慰安旅行「夜の部」を挟んでの翌朝までの時間は、温泉に、夜の街に、館内散策に、睡眠にと、各自がそれぞれの有意義な時間の使い方で過ごされたことと思います。お疲れ様でした。

 二日目は、舞台峠にての買い物に始まり、郡上八幡にて自由散策となりました。皆様情緒溢れる町並みを満喫されたことと思います。郡上八幡にて京都・津山組とはお別れとなり、大阪組も一路本社ビル目指し帰阪となりました。京都・津山組幹事よりの連絡で全員の無事到着を確認。これにて任務終了となりました。皆様お疲れ様でした。
次世代が多数控える我が社において、親睦会幹事長という大役を仰せつかるのは、おそらく今回が最後になるのではないかと思っております。最後に改めて新鮮な経験が出来たこと、誠にありがとうございました。