設計業界の歩み

「設計」という業界の歩み
今から約50年前、当時「設計」は企業内(メーカー内)で行うのが常識でした。そこに外注請負(設計だけを切り離す)という新しい切り口のビジネスが生まれました。当時は「設計」だけを一つの産業として成立させることは、非常に難しかったと聞いています。
―「設計」「製図」だけを商売にする難しさと面白み―
そんな中、産声を上げたのがエース設計産業です。創設者の西澤實は社員教育に力を入れ、プロの機械設計技術者を育てていくことに力を注ぎました。次第に図面のクオリティが上がり、高品質な図面をお客様に提供出来るようになりました。
更に、社員数を増やすことで短納期の依頼にも対応出来るようになり、「設計と言えばエース」と言われるまでになりました。そうして設計産業と呼ばれる業界の構築に貢献してきたのです。